保険診療

保険診療 skin disease

とびひ(伝染性膿痂疹)

どんなもの?

初夏から夏にかけて、子供に多い伝染性の皮膚の病気です。 
虫さされや湿疹、かき傷、すり傷などに黄色ブドウ球菌やレンサ球菌といった細菌が入りこんで炎症を起こし、かゆみのある水疱やかさぶたをつくります。それを『かゆいかゆい』とかき破ると、まるで飛び火のように全身に広がります。
感染力が強いので、早めに皮膚科を受診してください。

他の人にもうつります...!

保育園や幼稚園、学校などの集団生活をさせる場合は、患部をガーゼでおおい、こどもが直接ふれないようにしましょう。
プールは完全に治るまでは、がまんしましょう。
お風呂はシャワーやかけ湯にとどめ、浴槽にはつからないほうがよいでしょう。
また、ほかのこどもと一緒に入るのは、さけたほうがよいですが、傷や湿疹などがなければ、必要以上に神経質になることはありません。タオルの共用はさけたほうがよいですが、洗濯は一緒にしてもかまいません。

清潔第一!

とびひを全身に広げないためには、水疱をかき破らないように、また、汚れた手で湿疹や虫さされをかきむしらないようにすることが大切です。爪は短くきり、外出後や遊んだ後は手をよく洗いましょう。

とびひを治すには?

抗生物質が効果的ですので、「とびひかな?」と思ったら、すぐにお医者さんにみてもらいましょう。 
皮膚科を受診すると、飲み薬や軟膏を処方してもらえます。
患部(ジュクジュクした部分)は、ゴシゴシこすらずに石けんをよく泡立てて、手でやさしく洗い後はシャワーで十分流します。 乾いたタオルで軽く押さえるようにして水分を吸い取って薬をぬり、ガーゼなどで広くおおいましょう。
ほかの場所にうつさないように、早めに治療しましょう!

みずいぼ

どんなもの?

1~6歳くらいの子供によくできる、伝染性の強いいぼで、粟粒のような湿疹がしだいに大きくなって、表面がツヤツヤした、やわらかいいぼができます。

みずいぼをつぶすと、白くて小さい粒のようなものが出てきます。これがウイルスのかたまりです。
さわったり、こすれたりしていぼが破れると、ウイルスが飛び散ってほかのところにつき、全身にみずいぼが増えていきます。わきの下など、皮膚がすれ合うやわらかいところによくできます。
ほとんどの場合、かゆみや痛みはありません。

ウイルスに対する免疫ができてくるので、放っておいても数ヶ月~2年ぐらいで自然に治ることもありますが、みずいぼは自家感染を起こし、ほかの部分に広がったり、ほかの人に感染させてしまうこともあるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

治るまで、プールなどはやめましょう!

プールやおふろなど、肌がふれあう場所で感染しやすいので、治るまでは気をつけてください。
しかし、とってしまえばすぐに治ります。アトピー性皮膚炎の子はうつりやすいので、特に注意が必要です。

ちょっと痛い治療です。

当院では、みずいぼをピンセットでつまみとります。ちょっと痛い方法ですが、最も確実です。
痛み止めのシール(3×5cm…¥100 税別)を貼ると痛みも少なくなります。
みずいぼが小さくて少ないうちに治療しましょう!

疥癬

どんなもの?

疥癬とはヒトヒゼンダニというダニの一種が皮ふの一番外側の角層に住みつくことによって、強いかゆみのある皮疹を生じることです。
特に、皮ふの柔らかい部分に症状が出やすく、腹部や太もも、二の腕、手指の間などが好発部位です。

集団の中で流行することがあります

人の肌と肌の直接接触や、シーツや布団などを介して感染が広まることがあり、 特に家族内だけでなく介護施設などで流行することが知られています。

治療は早めに皮膚科でおこないましょう

角層に住み着いたヒゼンダニは1日に1~2個のペースで卵を産み増えていきます。 
適切な治療を行うことで成虫も卵も駆除することができますので、 周囲への感染の可能性を考えると早めに皮膚科で診断をしてもらってお薬使って治していくのが重要です。
まわりに似たような症状を訴える人がいたら、その方も受診し治療を行ってかないといけません。

どんな治療法があるの?

治療法には以下のような選択肢があります。
◎ ストロメクトール…1~2回の服用で効果がある飲み薬(保険適用)
◎ オイラックス…かゆみ止めのクリーム(保険適用)
◎ 安息香酸ベンジルローション…3日間、体に塗布するローションです(自費治療:1,000円・税抜)
◎ ペルメトリンクリーム…高い殺虫効果と低い人体への毒性で知られるクリーム薬です。
  1回の使用で効果が高いため特に海外では主流の治療薬です(自費治療:3,000円・税抜)

往診

当院では、通院が困難な患者様にも、
皮膚科医の診察を受けていただくため、
往診を行っております。

往診をご希望される場合は、まずはお電話にてお知らせください。
往診の流れとしては、下記の通りです。

(1)電話にて依頼(人数・グループホーム名称などをお伝えください)
  → 日時をご相談させていただきます。
(2)FAXにて保険証・医療証情報・受診者の症状を当院に送付してください。
(3)決定した日時に往診します。(ご連絡いただいた週の内の往診を心がけております)
(4)薬の処方がある場合は、お薬を持って、清算に伺います。(翌日になる場合もあります)

施設内の疥癬の流行を鎮静化させた経験も豊富です。感染性の皮ふ疾患や褥瘡も診察させていただいておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせは診療時間内にお願いいたします。実際の往診の日日程等は休診日や診療時間にかかわらず個別にご相談させていただきます。

ご予約

保険診療は予約不要です。往診は完全予約制となります。

093-967-0632

ご予約の際は、診療スケジュールをご確認ください。

オンラインで予約する »