保険診療

みずいぼ skin disease

自然に治ることもありますが、
早めの受診がおすすめです。

1~6歳くらいの子供によくできる伝染性の強いいぼです。粟粒のような湿疹がしだいに大きくなって、表面がツヤツヤしたやわらかいいぼになります。
みずいぼをつぶすと、白くて小さい粒のようなものが出てきます。これがウイルスのかたまりです。
さわったり、こすれたりしていぼが破れると、ウイルスが飛び散ってほかのところにつき、全身にみずいぼが増えていきます。わきの下など、皮膚がすれ合うやわらかいところによくできます。
ほとんどの場合、かゆみや痛みはありません。ウイルスに対する免疫ができてくるので、放っておいても数ヶ月~2年ぐらいで自然に治ることもありますが、みずいぼは自家感染を起こし、ほかの部分に広がったり、ほかの人に感染させてしまうこともあるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

Q&A

Q.痛みはありますか?

A. 当院では、みずいぼをピンセットでつまみとる医療を行なっています。少しだけ痛みを伴いますが、最も確実な方法です。
痛み止めのシール(¥300 税別)を貼ると痛みも少なくなります。

Q.治療後、公衆プールや浴場に入ってもいいですか?

A.プールやおふろなど、肌がふれあう場所で感染しやすいので、治るまでは気をつけてください。しかし、とってしまえばすぐに治ります。アトピー性皮膚炎の子はうつりやすいので、特に注意が必要です。

ご予約

保険診療は予約不要です。往診は完全予約制となります。

093-967-0632

ご予約の際は、診療スケジュールをご確認ください。

オンラインで予約する »