保険診療

ほくろ skin disease

どんな病気?

ほくろにも様々なタイプのものがあります。まずは診察にて、ダーモスコピー(皮ふを見る拡大鏡)を使って視診上の診断を行います。

ご本人がほくろだと思っていても、別の皮膚疾患であることや、皮ふの悪性腫瘍をうたがう状態の場合もございます。必要な場合には病理検査(顕微鏡をつかった詳しい検査)を行うことも可能ですので、まずは当院へご相談ください。

Q&A

Q.どのような治療をおこないますか?

A.炭酸ガスレーザーを使って蒸散する方法を用いることが多いです。
局所麻酔を注射で行ったうえで、ほくろにレーザーをあてて削ります。
直後から2週間程度、テープでの保護を行っていただきますので、貼り替え方法のご説明を行います。
ほくろのタイプや大きさによってはレーザーではなく縫合を行うこともあります。

Q.診察のその日に治療が可能ですか?

A.炭酸ガスレーザーでの治療の場合には予約なしでその日に治療可能です。
縫合が必要な大きさやほくろのタイプの場合には別日にご予約での処置とさせていただきます。診察時に縫合が必要なタイプかどうか医師が判断いたしますのでまずはご来院の上ご相談ください。

Q.テープが必要ですか?

A.処置後は、皮ふはレーザーによって浅く削れた状態です。直後からテープ保護が必要です。 個人差はありますが1~2週間程度はかかります。

Q.費用はいくらかかりますか?

A.炭酸ガスレーザー治療の場合は1mm3000円となりますが、別途テープ代などが必要となります。病理検査を行う場合は、保険適応となりますが負担割合や大きさにより金額が異なりますので、診察時にお尋ねください。

Q.再発することがありますか?1度のレーザーでとれますか?

A.レーザー治療の場合は、一度で完了する場合が多いですがほくろの深さによっては二度照射が必要となる場合もあります。照射した同じ個所のほくろが残存している場合には、2度目は1000円で炭酸ガスレーザーの照射をお受けいただけます。

公式ブログに体験記あり

ご予約

保険診療は予約不要です。往診は完全予約制となります。

093-967-0632

ご予約の際は、診療スケジュールをご確認ください。

オンラインで予約する »